マンガワンの特別企画!1月30日までクロサギ一気読み!

kurosagi

今回はマンガワンのアプリで定期的に開催されている、一気読み企画の紹介です。

一気読み企画、すでに連載終了している漫画のなかでも人気のあったものが掲載されます。

今回は、詐欺師にすべてを奪われ、復讐を果たすために自身も詐欺師に身を落とした男が主人公の「クロサギ」です。

クロサギとは?詐欺師を食らう詐欺師・・・

「クロサギ」wikiより

詐欺師には、人(カモ)を騙して金銭を巻き上げる白鷺(シロサギ)、異性(カモ)を餌として心と体を弄ぶ赤鷺(アカサギ)、人を喰わずシロサギやアカサギのみを喰らう黒鷺(クロサギ)がいる。

本作品は、父親が詐欺師(シロサギ)によって嵌められた末に起こした一家心中で、ただ独り生き残った青年「黒崎」が、この世のシロサギを喰い尽くすため、詐欺師を騙し返す“クロサギ”となって立ち向かうサスペンス作品である。

連載回数にして2〜9回で独立した話になっている。詐欺事案は、基本的に桂木からの情報提供を受けたケースが多く、また時には標的とする詐欺師の情報収集の一環としてのケース、知人から依頼を受けるケース、そのほか黒崎自ら被害者と出会って事情を聴くケースがある。これらの情報を元に詐欺師に罠を仕掛けて、金銭を奪い、その社会的地位を貶めたり、警察に逮捕されるように仕向けたりする。

なお、桂木には奪った金の4割を「情報料」として払うのが基本であるが、その他にも各種の情報や工作に対する金銭を払っている。また、被害者には被害金額を渡すことにしている。

「新クロサギ」からは宝条の存在が明らかになり、これまでのような対人間の詐欺をメインとした話から、社会制度を悪用した事案をメインに取り上げ、最終章として主人公に関わる様々な伏線を回収していく方向に変化していった。

クロサギは「クロサギ」と「新クロサギ」があります。

というのはwikiによると元の掲載雑誌が休刊となってしまったので続きを別の雑誌で掲載することになったため、ということのようですね。

私も昔、「クロサギ」のほうだけ全巻もっていました。

「新クロサギ」で終結のようなので、またレンタルでもして観たいですね。

まんがレンタルTUTAYAとかで・・・・。

クロサギは一般に事件化したような詐欺がモデルになっていたりするので、詐欺の手口を漫画で学ぶのにいいかもしれませんね。

なかなかこういった漫画に出てくるような詐欺にあうことはないでしょうが。

定期的に漫画の一気読みがあるので、マンガワンをこの機会にインストールしてみてはどうでしょうか?

[ad#mangaone]
最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。