【ケンガンアシュラ】第209話後編 十鬼蛇二虎を巡る真実

ケンガンアシュラ第209話後編です。

 

前回の話はこちらから読めます。

【ケンガンアシュラ】第209話(前篇)2人の二虎流

 

前回の話から、10年前の因縁に決着をつけるべく対峙した王馬と刹那。

その戦いは、二虎流同士の戦いとなっていた。

十鬼蛇二虎の呪いに囚われている。

 

そういう刹那の真意とは?

[ad#adsense]

 

二虎の死の真実。

王馬「二虎の呪い?何の話だ?」

「二虎は、とっくに死んでんだぜ?」

刹那「ああ、十鬼蛇 二虎は十年前に死んだ。」

「そう、確かに死んだはずなんだ。どうしてやつがここにいる?」

相変わらず、言動がおかしい桐生刹那。

 

王馬「・・・・二虎は死んだよ。俺を救うためにな。」

 

時は遡り、10年前。

 

二虎「~~~~~!!!!」

「王馬・・・!?お前・・・・・!!!」

 

そこには、「前借り(憑き神)」を使って暴走している王馬と、その手には刹那。

 

刹那「素晴らしいよ。どうかこのまま僕を殺してくれ・・・・」

二虎「王馬ッ・・・・!どうしてお前が憑神を!!!」

動揺する、二虎。

 

二虎「よせッッッ!!!それを使うな王馬!!!」

 

様子がおかしい、王馬。

 

王馬「・・・・ガタガタうるせえよ。」

「・・・・・?誰だお前?」

 

二虎「・・・・記憶の混濁が始まっているな。・・・仕方ねえ。」

「ちょっと荒っぽくなるぜ。」

 

王馬(二虎は、暴走した俺を止めようとした。)

王馬「おかげで俺は死なずにすんだが、二虎は重傷を負った。」

「そして、傷が治らねえままお前の師匠と戦って死んだ。」

 

山下(そ・・・・  二人には、そんな因縁があったのか。つまり、この戦いは十年前から続く因縁の勝負ってことか。)

大きくため息をつく、刹那。

 

「いや、失礼。正直、がっかりしているんだ。」

「まさか、十鬼蛇二虎が生き延びていたなんて・・・」

 

山下(???さっきから何を言っているんだ桐生くんは?王馬さん自身が師匠は亡くなったって言っているのに・・・)

 

刹那「あの日、十鬼蛇二虎は死んだはずだった。忌ま忌ましい呪いを君にかけたまま、生き延びていたとは予想外だったよ。」

 

「当時、奴を殺すために随分と苦心したんだけどな。」

[ad#adsense]

これにはさすがに驚く、王馬。

「テメエ、今、なんて?」

 

そして明かされる、衝撃の事実。

王馬に殺されたいがゆえに、刹那は十鬼蛇二虎を殺すことを決めた。

 

そして、そのために自分の師匠を使ったのだ。

 

その布石を作ったのは、王馬に憑神を授けたあの男!!!

そして、その男は10年前のあの現場にもいた!?

第209話後編の感想

 

後編ですが、刹那の異常さが浮き彫りになってきましたね。

王馬のストーカーにもほどがあるでしょwww

王馬に殺されるために、師匠を殺し、その敵となるのが目的だったようですね。

 

そして、そのそれすらも刹那に二虎流を伝授した「真の二虎」と呼ばれる男の計画のうちにも思えます。

ただ、その男はこのケンガントーナメントには出てきていない。

 

いや、決勝のあたりで乱入してくるのか?

桐生刹那が山下和夫を十鬼蛇二虎と認識している以上、この戦いはさけられない。

憑神を発動し、この戦いに終止符をうつのか?

それとも、二虎流の奥義で締めくくるのか。

次回は更新したらこちらから読めます。

MD-Walk-マンガと生活-

ケンガンアシュラ第210話前編(20171207最新)のネタバレ・感想をお送りします。   […]…

 

この漫画に興味のある方にはこちらもおすすめです。

前世の異能を引き出したもの同士のバトル!リィンカーネーションの花弁

異能力バトルを頭脳で勝ち抜け!出会って5秒でバトル

最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。