【ケンガンアシュラ】第209話(前篇)2人の二虎流

ついに対峙する、十鬼蛇王馬と桐生刹那。

 

10年前からの因縁が再び・・・。

 

 

王馬の雇い主である、山下一夫を連れ出していた、桐生刹那。

 

これを追い、間一髪のところで山下を救った十鬼蛇王馬。

 

桐生刹那は、王馬の師である「十鬼蛇二虎」の幻影を見るようになっていた。

 

王馬は、「あいつはもう、とっくに壊れてる。決着をつけよう」と言い放つのだった。

[box06 title=”前の話を読む”]【ケンガンアシュラ】第208話 十鬼蛇二虎の幻影[/box06]

 

\\ ケンガンアシュラの単行本購入はこちら //

 

王馬VS刹那、最後の戦いが始まる。

 

王馬「終わらせようぜ、桐生 刹那。」

 

刹那「・・・・・。君が分からない。」

そういう刹那の顔は、ひどく歪んでいる。正気ではない。

 

刹那(今の君は、僕が憧れた君なのか?)

刹那の脳裏には、昔の王馬の姿がよみがえる・・・。

 

それを見つめる、山下一夫。

山下「(・・・・。二人が知り合いとは聞いていたけど)」

(もしかして、なにか因縁がある?)

 

王馬「十年ぶりか、お前と戦うのは。」

 

「これで最後だ」

 

刹那「・・・・そう願うよ。今度こそ終わらせてくれ」

 

互いが臨戦態勢に入る。

 

山下一夫は、二人を止めようと叫ぶが・・・・

先制は、桐生刹那!そして2つの二虎流がぶつかる。

 

すさまじい速さで間合いを詰める、刹那。王馬のストレートは、空を切る。

 

狐影流・羅刹掌

 

地面が割れる!王馬はこれをかわす。

 

二虎流 火天ノ型・火走り

 

二人が同時に同じ技を使い、間合いを詰める。

 

刹那が放った羅刹掌を、王馬は「火天ノ型・幽歩」でかわし、レバーブロー!

 

血を吐く、刹那。

 

さらに追い打ち、「金剛ノ型・鉄砕 蹴」

 

これは刹那が「操流ノ型・柳」で受け流す。

 

王馬は「瞬鉄・砕」で攻めるも、これも刹那に受け流される。

 

刹那「かわいそうに。まだ十鬼蛇二虎の呪いに囚われているんだね。」

 

刹那にダメージはほとんど見られない。

クリーンヒットしたかに見えている攻撃は効いていない?

二虎流を知る刹那には「技の外し方」もわかっているのか!?

第209話前篇 感想

 

前篇ということで、いつもよりページ数は少なめ。

 

単行本の時には一つにまとまるのかな?

 

王馬は二虎流、そして刹那は二虎流と狐影流の合わせ技ですね。

 

王馬には「前借り」と呼ばれる裏ワザがありますが・・・。狐影流にも、奥義のようなものはあるんでしょうか?

 

そして、刹那がなぜ二虎流を使えるのか?まだ明かされていません。

 

そして、二人の因縁は過去に戦ったことがある、という以上のものに思えます。

 

次回はさらに戦闘が激化するのか?

 

[box06 title=”次の話を読む”]【ケンガンアシュラ】第209話後編 十鬼蛇二虎を巡る真実[/box06]

 

ケンガンアシュラカテゴリーで一気読み!

アツい男のバトル漫画!ケンガンアシュラ

 

\\ ケンガンアシュラの単行本購入はこちら //

待ちきれない方はこちらからアプリをダウンロードして毎週木曜日にチェック!!

[ad#mangaone]

 

過去の話が単行本で!家で何度でも読み返すならこちら!

[ad#kengan]
最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。