【マンガワン】ケンガンアシュラ 第198話 雷心流を超える・・・

kengan

こんばんは。

マンガワンの連載漫画、「ケンガンアシュラ」の198話のネタばれ感想を書いていきます。

 

ケンガンアシュラ、最近主人公がまったく出てきてないけど・・・。これほどちゃんと他のキャラにも見せ場を作ってある漫画もめずらしい。

 

では、ネタばれの方に行きます。

 

[ad#adsense]

雷心流Vs魔槍。闘技者中最速の男・・・

 

雷心流の継承者、御雷 零。

 

御雷は、魔槍・黒木との戦いに向けてある秘策を行っていた。

 

その秘策とは、闘技者としての雇用者である理乃の暗示。

 

理乃もまた、特殊技能の持ち主。女王蜂と呼ばれ、男に対して絶対的な服従を強要することもできる暗示能力があった。

 

その能力を、御雷 零に対して使用する。「勝ちなさい」と。

 

その力を使って、御雷は限界以上の力を生み出して黒木をその圧倒的なスピードで翻弄していた・・・・が!

 

それでも黒木を攻めあぐねていた。

 

圧倒的スピード。視認することが難しいのにも関わらず、黒木は致命傷を負わずに。

 

それどころか御雷に対して反撃をも行っていた。

 

これに対して、御雷も雷心流の奥義伝承のことを思いだし。

 

限界を超える!!

 

一瞬、すべての闘技者すら目にも映らない速さで黒木に向かう!!

 

しかし・・・・魔槍・黒木玄斉は動じず、完全なカウンターで御雷を打ち落とす。

 

「目に見えるものしか打てぬのは、2流の武術家よ。この黒木玄斉をなめるなよ」

[ad#adsense]

ケンガンアシュラ・198話感想

 

圧倒的スピードで圧勝かと思われたが、黒木の底知れぬ力。

 

しかし、御雷もこれで終わりではないはず。雷心流の奥義が出てくる・・はず。

 

とはいっても結局は黒木が圧倒しそうな予感。

余裕ありすぎでしょう。

 

そして疲弊した黒木がヤツに暗殺されちゃうとか・・・・。

 

さて、そろそろ主人公は出てこないのかな??

次の話はこちら。

ケンガンアシュラ 御雷 零、落つ

[ad#mangaone]
最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。