【リィンカーネーションの花弁】第38輪 逃亡者

劣勢に立たされた、旧偉人の杜メンバー。

現在の偉人の杜に勝つためには、輪廻の枝のもとになる種を見つけだし、破壊する。

これが東耶が出した結論だったが、そのためには全ての廻りものがその犠牲となることが予測された。

これについて、あくまでも偉人の杜を現在支配しているナイチンゲールのみを排除すればいいと灰都たちは主張。

しかし、東耶は、それでは解決しないとしてあくまでも[種]の破壊により廻りもの全滅を主張する。

「僕たち廻りものはしょせん、一度生を諦めたものだから・・・・」

これに反発した灰都は武蔵の能力を発動し、独りで出ていってしまうのだった。。

2017年12月最新話:第38輪 逃亡者

[box06 title=”他にもこれらの記事がチェックされています”] [/box06]

\\ リインカーネーションの花弁最新刊はこちら! //

 

 

 

独り飛び出した灰都。その行く先は・・・?

とある海辺に独り佇む灰都。

灰都「東耶のばか・・・・」

 

その頃、アジトでは

 

アインに詰められる、東耶。

 

東耶「お、落ちるっ!!」

アイン「何やってんのよ!さっさと落ちて灰都を探しに行きなさいよ!」

東耶「僕が行くより、仲のいいアインさんが行ったほうが・・・」

アイン「どう考えても、出て行ったのはあんたのせいでしょうが!」

 

ノイマンも同様に、東耶が行くべきと進言する。

 

東耶にはわけがわからないと言った様子。

「何でですか!?僕が何か間違ったこと言いましたか?」

 

ノイマン「いいや、お前は正しい。だがそれだけだ。」

「結果はどうだ?灰都は去った。間違っていたのではない足りなかったのだ」

「配慮が、選ぶべき言葉が。」

「我々は仲間で、廻りものなんだぞ。」

東耶は逡巡する。どうすればいいのか。

 

いらついたアインは東耶を放り出す!

 

「いいから、さっさと行けぇ!」

 

「謝り倒すなり、何でもいいから連れ戻せ!それまで絶対戻ってくんな!」

 

そのとき、北束たちが現れた。

灰都によって切り裂かれた壁に驚く。

 

柳生が、ちょうどいいとばかりに問う。

「少し問いたいのだが。」

「武蔵の居場所・・・・探せるか?」

 

研究主任の南毅が答える。

「病衣にはビーコンがついてるから、このパソコン持って近づけば一発さ!」

 

柳生「では、有り難く」

 

南毅「それ、僕の・・・・」

 

柳生「手探りでは武蔵をみつけられんだろう。私が助太刀する。」

 

「同じ剣士だ、気にかかることもある。」

 

アインは、柳生に東耶と灰都のことを托す。

 

北束たちは落胆。

 

これは・・・・雲行きが怪しくなってきやがったぜ。

1人奮闘するアインシュタイン。その思惑は

 

アインは他のメンバー分働こうと奮起。

 

「枝集めするんでしょ?準備しなさい!とりあえず私に自由にうごく足を用意して。」

「有史きっての天才、アインシュタイン様が残ってやったんだから感謝しなさいよ!」

 

「野良狩り、私一人で十分だわ!!」

 

そのころ灰都は・・・・・

 

灰都(・・・・・はたくのはやり過ぎたかな。)

勢いで飛び出して来ちゃったけど何をしたらいいのか、私じゃわかんないしな

 

そのとき、背後に怪しい男が現れる。

 

「やあ、迷える人類女史。また会ったね」

 

「驚いたよ。まだ不完全とはね。」

 

灰都「・・・・・誰?」

(何だこの男・・・・花弁が舞っていない。ってことは廻りものじゃない?)

「おや、忘れてしまったのかな?いや皆忘れるんだったか。」

まあいいか俺は…..

 

言い終わる前に、灰都は一気に間合いを詰め、この男に一撃を入れる!

 

灰都(怪しきは打ち払う)

 

謎の男「乱暴だな。センチメンタルなのかい?」

 

灰都(馬鹿な!手加減はしたが、あれで立ち上がれるはずは….)

 

そのとき、その男の

 

「顔が落ちた」

 

謎の男「改めて名乗るよ。俺はアラン。アラン・スミシー。さあさ、話をしよう。」

第38輪 感想

 

女気持ちがわからない東耶、みんなに集中砲火を受けるの図。

 

灰都は東耶のことを、死を選んででも才能を求めた仲間だと思っていたからこそ、東耶が廻りものの全滅を平然と宣言し、あまつさえ消えるなら廻りもののほうだと断じてしまったのが気に入らなかったんでしょう。

同じ仲間として、信頼していたのに。

 

東耶としては、人類対廻りものという構図になってしまった以上は「廻りものの全滅」というのが正しいことだと結論つけてしまったんでしょう。

時代にそぐわないのは廻りものの側ですから。

 

正論だとしても、結果として武蔵が飛び出していったのは東耶のせい。

 

柳生と一緒に捜索ですね。

 

はぐれの廻りものから輪廻の枝をあつめるのはアインの仕事になるようですが、偉人レベルが出てきたらきつそうですね。

もともと攻撃的な能力じゃないし。

 

さて、灰都のほうには謎の男が現れましたね。

 

ついに黒幕登場!

どうも輪廻の枝を使った者の前に現れるが記憶からは消える存在のようです。

顔なしの怪物….

 

次回、灰都に何を語るのか?

[box06 title=”この記事を読んだ人は他にもこの記事をチェックしています”] [/box06]

 

\\ リインカーネーションの花弁最新刊はこちら! //

 

 

最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。